芸術やスピーチと脚やせ

スピーチの際の姿勢や容姿

例えば、あなたがスピーチをする演壇者や壇上の演劇者などを見る時、何を見てどう考えますか。

恐らく全体のイメージを観察した上で、「この人はスリムで非常に肉付きも良い体をしている」「姿勢が良くて見ていて凛々しく感じる」など、まずは全体の状態から印象を受けるのではないでしょうか。

スピーチをする上では、もちろん姿勢は発声に関わる部分なので非常に重要ですが、それよりも見た目の印象というものも非常に大切になってきます。

だらしない格好をした人よりも、きちんとした身なりの人の言うことのほうが、観衆の意識を惹きつけて言葉が伝わりやすくなるものです。

そういった意味では、身なりと背格好、そして顔やその表情というのはスピーチにとってその内容以上に磨かなければならないものかもしれません。

スピーチは、極論誰でも書くことができますが、それを伝える演説者は絶対に影響力がある人が好ましい場合が多くあります。

身なりを整える努力

そういった意味では、演説者は常日頃から身なりや姿勢に気を付けておくべきでしょう。普段の行動が、自然とあらゆる動きに出るものです。

恰幅がよい体つきでもそうですし、女性であればスラっとした脚も魅力的になるでしょう。足を細くしたいという願いは、女性では誰しも持つ当たり前の願いです。しかしながらすぐに叶うこともない、努力の上に成り立つものなので女性にとっては悩ましいことかもしれません。ただし、努力次第で成果が出るものだと思います。

男性の場合は、食生活などを気を付けてあまりだらしない体にならないことに注意しましょう。

恰幅が良いことと太っていることでは、やはり見た目の印象がかなり変わります。日々のトレーニングもできればかかさずに行いたいところです。


since2005Copyright © Four Starters | フランスの芸術や映画そして吹奏楽