木管楽器編

フルート

一際かわいらしい音色で高音が得意なフルートですが、仲間のピッコロという楽器を含め、木管楽器の中でも独特な部分が多い楽器です。

唯一の横笛スタイルで、音を出す部分も他の木管楽器と異なりリードを使用しません。

見た目はほとんどのものが銀色の金属製(材質は様々)で、音色の特徴も相まって女性に非常に人気の高い楽器となっています。

オーボエ

一見クラリネットに似た外見ですが、ダブル(二枚あわせの)リードを使用した音色は非常に特徴的でソロなどでも存在感があります。

リードで音を出す木管楽器の中でも特にこのダブルリード方式というのは難易度が高く、きれいな音色を出すには練習と経験が必要となります。

リードの管理やセッティングなどにも手間があることから、非常に挑戦しがいのある楽器と言えるでしょう。

形状は大きく異なりますが、大型の木管楽器であるファゴットもオーボエ同様ダブルリードにより発音しています。

クラリネット

吹奏楽の中でも比較的多くの演奏者が必要となるのがクラリネットです。

やわらかくてやさしい音色と適度なサイズの楽器で、練習や携帯にも手間が少なく人気がある楽器と言えるでしょう。

吹奏楽の中ではあまり目立つ種類の音色ではありませんが、自宅練習にも適しパートの仲間も多く練習効率は良いかもしれません。

サックス

一見金管楽器にも見えるサックスですが、構造上はクラリネットと似ており、木管楽器に属します。

音程によって、ソプラノ・アルト・テナー・バリトンと4種類のサックスがあり、特にアルトとテナーは様々な吹奏楽の楽曲で活躍します。

また吹奏楽だけではなく、ジャズやポップスなどでの活躍機会もあり、ソロで上達を目指しても楽しめるステージが多い楽器です。


since2005Copyright © Four Starters | フランスの芸術や映画そして吹奏楽