どの楽器を選んだらいいか

実際に見たり聴いたり

何より可能であれば、実際の演奏を見たり聴いたりすることです。

その上で、音が好みだから存在感が魅力的だから演奏している姿が格好いいからなどなど、好みのパートを見つけられるといいでしょう。

その楽器を演奏している自分を想像してみるのも具体的にイメージができていいかもしれません。

また、例えば将来ジャズでサックスを・・・とか、バンドでドラムを・・・など想いがあるようであれば、それに沿った選択もありですね。

難易度に多少の差異はありますが、いずれにしてもある程度の練習は必要になるわけですから気にしなくても良いと思います。

最後に

吹奏楽部など、正直加入後には実際の希望のパートにつけるとは限りません。

特に人気のあるパートには殺到しがちで、経験や適性で判断されてしまうこともあるため、結果的には第二・第三希望まで考えておく必要があるかもしれませんし、最悪の場合は顧問などから別パートを勧められる可能性もあります。

大きなこだわりがあった場合はショックが大きく受け入れられないかもしれませんが、それも一つの楽器との縁だと思って向き合ってもらえればと思います。

最初にも述べましたが、どんな楽器も味があり楽しめるものばかりなのですから。


since2005Copyright © Four Starters | フランスの芸術や映画そして吹奏楽