市民楽団にいた想像を絶する管楽器マニア

楽器は演奏してナンボ

私が所属している市民楽団には、様々な人が集まっています。

社会人になっても楽器を続けている人の中には、面白い人が多いと思います。

そんな中、ちょっと異質な人がおりまして、どう異質かというと、そんなに上手ではないのですが持っている楽器がとても高価なのです。

いえ、単に高価なだけなら珍しくもないのですが、自分の担当パート以外の楽器もいくつか所有していて、そのどれもが数十万もする高価な名器たちなのです。

とは言え、全部演奏できるわけではないらしく、楽器マニアという感じで、しかも借金をして購入しているものばかりなんだとか。

確かに楽器はどれも芸術的なスタイルで魅力的ですが、やっぱり演奏してあげないのは楽器がかわいそうな気がします。

マニアとは懲りない人種?

そんなマニアさん、予想通りというか、借金で首が回らなくなっているという噂を聞きました。

一応私は金融関係で働いていて、その辺のことには明るいと思っていますので、借金をうまくまとめる債務整理の相談に関してはお役に立つことができました。特に支払いが難しくなっている消費者金融の効果的な返済方法について助言させてもらいました。

おかげで3か月後くらいには「だいぶ楽になったよ」と笑顔でお礼を言ってもらいましたが、「これからは予算を下げて集めていきます!」とのことでした。

いやはや、マニアの方の思考というのはなかなか理解がしがたいもので。


since2005Copyright © Four Starters | フランスの芸術や映画そして吹奏楽